乗用型・電動けん引車

構内牽引車として考えられたコレックの電動牽引車(牽引重量1.3ton,2ton・3ton・4ton・5ton)のご紹介です。広い乗り降り開口部と低床フロアで乗り降りしやすいオペレータ重視の設計となっていますから運転者を守り確実な運転をサポートします。フォークリフトに代わる構内運搬のエースです。

乗用型電動けん引車 DSPM・DTPMシリーズ

  • 経済的で環境に優しく、人間工学に基づいた設計。
  • さまざまな産業で、トレーラーをけん引しながら、ピッキング、移動、搬送作業が可能
  • 空港、工場、倉庫内での貨物けん引に最適。
  • 車体は、建屋内走行を重視したコンパクト設計ですが、左右の安定に重きをおいた車体幅を意識しました。
  • 狭い通路で優れた操縦性を発揮する、スリムで堅牢、安定性に優れたデザイン。
  • 傾斜面での作業でも高性能を発揮。

webカタログ

乗用型電動けん引車 DSP・DTPシリーズ

  • 1300kg~3000kgまでの積載重量に最適なクラスを選ぶことが出来ます。
  • 各クラスともに作業内容に合わせてオペレーターのポジションを座り席、立ち席から選ぶことが出来ます。
  • KHRは最大揚高2480mmなので、約4000mmの荷物がピッキング出来ます。
  • 車体は、建屋内走行を重視したコンパクト設計ですが、左右の安定に重きをおいた車体幅を意識しました。
  • フルオープンのバッテリーカバーで日々の点検が容易です。
  • バッテリーの引き出しはリヤーから可能です。

PDF
DSP200

PDF
DSP300


PDF
DTP200

PDF
DTP300


webカタログオンラインショップ

コレックの乗用型電動けん引車 - ピックアップポイント

人にやさしい設計で作業の効率化、省力化を目指すコレックの乗用型電動牽引車が選ばれる理由がここにあります!

乗用型電動けん引車各部紹介

乗り降りしやすい低床フロア
座り席タイプでもフロア高さは、2・3t車で305mm。1t車ではさらに低い252mm。立ち席タイプではさらに低くなり、頻繁な乗り降りでも苦痛を感じません。
広い乗り降りの開口部
運転席乗降の開口部を広くとってありますから、車体に足をぶつけることなく、余裕の乗り降りを実現しました。
確実なアクセルワーク
座り席タイプは、余裕のアクセルワークを可能にしたフロアです。立ち席は、アクセルワークとステアリングの同時走行を確実におこなうことができる構造です。
整備が楽なバッテリーケース
フルオープンのバッテリーで日々のン点検が容易です。また、バッテリー交換時はリアーからの引き出し(オプション)が可能です。

電動牽引車の改造・カスタマイズもご相談ください。
コレックでは工場・倉庫内での作業効率を高めるニーズにお応えするため、弊社製品のカスタマイズ・改造のご相談も承っています。
カスタマイズ事例

KOLECの乗用型電動牽引車についてのご相談・お問い合わせはお気軽に。
フリーダイヤル 0120-547-773
お問い合わせ